鍼灸の効果とは

お問い合わせはこちら

ブログ

鍼灸の効果とは?せんげん台の「ぽんて鍼灸整骨院」

2020/04/15

ぽんての鍼灸


こんにちは、せんげん台の整骨院 ぽんての田沼です。
コロナウイルスによる緊急事態宣言により、
ぽんてでは一部を除き営業自粛をさせていただいております。
皆様にはご迷惑をおかけしていますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

前回は、マッサージとは何かについて、書かせていただきました、
今日は、鍼灸がどうやって効くのかについて書いていこうかと思います。

鍼灸の効果の一つとして期待されているのが、鎮痛効果になります。
私のイメージとしては鍼治療の方が鎮痛効果があると思っており、
鍼を刺し、経穴(つぼ)から受けた刺激は中枢神経を介して脳に伝えられ、
その際内因性モルヒネ様物質=生体内に存在するモルヒネに似た物質
が体内より放出されます。
それが脊髄後核と呼ばれる脳へ痛みを伝える伝導路に働きかけることで
痛みを抑制しています。
(この反応はモルヒネ拮抗物質により鎮痛効果が消失することや、
動物への実験でその作用が認められています)
また、もう一つの効果として期待できるのが、血流改善かと思います。
鍼では、筋肉に微小な損傷を与えることで、
感覚神経を刺激すると共に、筋肉や血管から様々な血管拡張物質を放出させ
筋循環を改善します。
筋循環の改善は発痛物質や疲労物質の洗い流しを促し、鎮痛や疲労回復を促進します。
灸では、温熱感覚を利用した方法で患部の血行を良くすることで、
血液内に様々な免疫物質を作ったり、
(白血球の増加など)増血作用を促して、
機能を改善したり抵抗力を向上させたり効果があるとされています。


以上のことから、訪問治療で痛みが強い場合や、循環不全が強い場合などでは、
鍼灸を奨めております。
マッサージと比べると鍼灸は、比較的ゆっくりと症状を改善させ、
それが継続する傾向があります。
しかし、一概に治療効果や適応症を比較決定することは困難であり、
むしろ鍼と灸はそれぞれの特徴から体質や状態、症状や疾患によって、
効果のある経穴を選択しながらその人に合った治療を進めることが出来る、
それこそが鍼灸の最大の利点と云えるのではないかと思っております。

訪問鍼灸が受けられる疾患は
1. 神 経 痛・・・・・・・顔・胸・腕・腰。足など神経にそって痛むもの。
2. リウマチ・・・・・・・・手・膝などの関節がはれて痛むもの。
3. 腰 痛 症・・・・・・・腰が痛む、重い。
4. 五 十 肩・・・・・・・肩が痛み、手が上がらない。
5. 頚腕症候群・・・・・首・肩・腕にしびれや痛みがあるもの。
6. 頚椎捻挫後遺症 など・・・・・いずれも、慢性的な痛みです。

上記に該当する方は、お医者様の同意書がいただけた場合、
健康保険を適用して、訪問治療の方を受けられる形になります
(必要な書類等はこちらで用意いたします)
また、上記以外にでも慢性的な痛みに悩まされている方もご相談ください!!
ぽんてでは初めての方に対しお試し体験を実施させております!
お試し体験は無料で同意書も必要ございません!
この状態ではどうなの?といった場合でも
お気軽にお電話いただければなと思います。
TEL048-972-5931
※お問い合わせのお願い
お問い合わせ時に下記の要項をお教え下さい。
・お名前 ・年齢 ・性別 ・ご住所 ・TEL ・病名 ・症状
・要介護度 ・ご意見、ご要望
お問い合わせお待ちしています(*^-^*)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。