脳梗塞後遺症のリハビリならぽんて鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

ブログ

脳梗塞後遺症に訪問鍼灸マッサージがおすすめです

2020/10/01

脳梗塞後遺症のリハビリならぽんて鍼灸整骨院にお任せください

こんにちは!

ぽんて鍼灸整骨院、田沼です。

梅雨でじめじめしている今日この頃ですが、
調子の方はいかがでしょうか?

皆さん、突然ですが脳卒中(脳血管障害)と聞くと
どの季節が多いと思いますか?
寒い冬場に多いというイメージがある方も多いと思います。
実は、夏と冬では脳卒中の発症率が異なります。
国立循環器病センターの調査では、
脳卒中(脳梗塞)は6~8月の夏に多く発症することを明らかにしました。

また、発症しやすい脳卒中のタイプも季節により違い、
冬に多いのは、脳卒中は脳出血とクモ膜下出血で、
冬は体内の熱を放散しないように血管が収縮するので血圧が上昇し
血管が破れやすくなります。
一方で、脳梗塞の発症は夏が多くなっています。
その理由の一つに、夏は大量の汗をかくため体が脱水状態になりやすいことがあげられます。
脱水が起きると血液中の水分が不足し、
血液が粘度を増し、血のかたまり(血栓)ができやすくなります。
また、水分不足により体内を循環する血液量も減少して、
血管が詰まりやすくなります。
また、寒さで血圧が上がりやすい冬とは逆に、
夏は体の熱を放出しようと末梢血管が拡張し、
体は血圧低下状態になっています。
この場合、健康な人は血流が悪くならないように脳の調節機能が働きます。
しかし、生理機能が低下している高齢者、
または降圧剤などを服用している人は薬による血管拡張作用のために血圧が下がり、
血流が遅くなることで血栓ができやすい状態にあるので注意が必要です。

ぽんてでは、数多くの脳卒中の方が訪問鍼灸リハビリマッサージを
受けて頂いております。
脳卒中の後遺症で、麻痺や拘縮で動かしづらくなった患側だけでなく、
代償で頑張ることが多く疲労や痛みが出やすい健側側もぽんてでは
鍼灸、マッサージ、リハビリと三位一体で行うことにより
改善が見られ、利用者様から、うれしいお声をいただいております。

ぽんてでは初めての方に対しお試し体験を実施させております!
お試し体験は無料で同意書も必要ございません!
この状態ではどうなの?といった場合でも
お気軽にお電話いただければなと思います。
TEL048-972-5931
※お問い合わせのお願い
お問い合わせ時に下記の要項をお教え下さい。
・お名前 ・年齢 ・性別 ・ご住所 ・TEL ・病名 ・症状
・要介護度 ・ご意見、ご要望
お問い合わせお待ちしています(*^-^*)

 

せんげん台整体の幅広い施術メニューを提供しているぽんてカイロプラクティックオフィスは、地域密着の丁寧で素早い対応に定評があります。肩こりや腰痛、頭痛といった辛い症状に悩まされながらも、「なかなか良くならないためあきらめている」という方が多いかもしれませんが、これまでに多くの方と向き合い、あらゆる症状を改善へと導くために徹底的にサポートしてきた実績を持つ施術者が期待にお応えいたします。
鍼灸師や柔道整復師といった国家資格を持っているため、捻挫や挫傷等のケガに対する一般的な施術と組み合わせたプランニングも可能で、かかりつけの医師による指示や同意に基づいて外出困難な方への訪問鍼灸マッサージも行うことができます。むち打ち症や頭痛といった交通事故の後遺症に対するサポート実績も豊富ですので、せんげん台エリアで整体に関心をお持ちの方はぜひお越しください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。