ぎっくり腰

お問い合わせはこちら

ぎっくり腰の治療に

ぎっくり腰で動けなくなったことのある方へ

「腰がギクッとなってから痛みで動けない、歩くのがツライ」「朝、起き上がるのがツライ、動けない」「立ち上がろうとしただけで腰に激痛が走ってしまった」など、ちょっとしたことで腰に電気が走るような激痛を感じたり、またはジワジワと痛みを感じるようになり動けなくなってしまう方がいます。このような急性の腰の痛みを総称して「ぎっくり腰」と言われています。

次のような事でお困りではありませんか?

  • 物を持ったはずみでぎっくり腰になった
  • ぎっくり腰を繰り返してしまう。腰の痛みが良くなったり悪くなったりを繰り返す
  • 寝返りをするたびに腰が痛くて目が覚めてしまう
  • 腰がギクッとなってから、痛みで動けない、歩くことが出来ない
  • 腰のあたりでピキッとなった
  • 腰が痛くて動けず、仕事を休んでいる
  • 痛くて家事や仕事ができなくなり、家族や同僚に不憫をかけている
  • 痛み止めや湿布では、なかなか改善しない
  • 季節の変わり目や寒暖の差がある頃によく腰が痛くなる

などなど、ぎっくり腰の痛みは突然やってきます。

ひと言に「ぎっくり腰」といっても、その痛みを引き起こす原因は様々です

ぎっくり腰とは腰の痛みを急に感じた場合の総称です。ぎっくり腰とは急性腰痛症といい、突然に腰に痛みが発して動くのもままならない状態になってしまう症状のことをいいます。

主に腰椎や仙骨周辺部に痛みのもとがあることが多いです。
背骨の関節や靱帯、椎間板の他、筋肉の炎症や神経痛などで、 それらにかかる負担の蓄積や疲労の蓄積が、生活の中での姿勢や動作によって腰痛を引き起こすといわれています。


腰痛を起こす疾患としては、外傷性腰痛(捻挫・打 撲・骨折など)、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、脊椎すべり症、腰部脊柱管狭窄症の他、骨盤内臓器(子宮・卵巣、直腸)の炎症や腫瘍、腎臓結石・尿管結石など尿路系疾患などの内科的な問題や、先天的股関節脱臼や股関節周囲の外傷、精神的な要因などがあります。

 

これらを分析して、治療方針を選択していくことになります。

ぎっくり腰がよく起こるケースとその対処法

ぎっくり腰がよく起こるケースとして、重い物を持ち上げたり、急に腰を動かしたりした時に起こります。ひどい方では、ぎっくり腰になって痛みで動けなくなり、救急車で運ばれたりされる方もいらっしゃいます。

また、それらをきっかけに、1日から数日かけて後から急激な痛みを感じる場合もございます。

以上のようなケースでは、腰部に関節捻挫や肉離れが起こって痛みが発生している可能性があります。

よく起こるケースのぎっくり腰の対処法

ぎっくり腰になった時は直ちに患部を冷やすようにしてください。患部に熱感を感じ、冷やすことが気持ちよいと感じる場合はとにかく冷やすようにしてください。
そして痛い部分の熱感が無くなったら冷やすのをやめます。ここまで2~3日間、場合によってはそれ以上かかります。

そして、痛みのために動くことも出来ないかと思いますが、安静にしていただき、仰向けの場合は膝を立てるなど、楽な姿勢を探します。アルコールの摂取や入浴などは炎症(痛み)を強めてしまいますので、お控えください。

しかしながら、同じ姿勢でずっと過ごすことは、かえって治癒の過程を遅らせてしまうこともあります。痛みの軽減とともに少しづつ負荷の少ない日常動作は行っていただくと良いでしょう。

 

ぎっくり腰の痛みの回復の経過は、初期治療によって左右されます。とても大切です。アイシングを行うなどし、動けるようになりましたら当院を含め早めの受診をおすすめします。

よく起こるケース以外のぎっくり腰の対処法

何をしたわけでもなく強い痛みを感じる場合や、お腹の中に痛みを感じる場合などは、直ちに病院へ受診されることをおすすめします。

ぎっくり腰は癖になりません

ぎっくり腰は癖になりません。再びぎっくり腰を起こしてしまう方は、痛みを取り除いても原因を取り除いていない方です。

ぎっくり腰になる原因は過度に腰に負担がかかり続けた結果、何かの拍子に腰に傷が入ってしまい炎症を起こしてしまう事が原因となります。
どの部位(関節や靱帯、筋肉など)に、どのようなことで負担が蓄積してしまっているのかを分析することが出来れば、ぎっくり腰の再発を防ぐことが出来ます。

 

当院では、痛みの早期回復とともに大事にしているのことが再発を防ぐことです。整形外科とはまた違った方法で、多角的に検査を行います。そして、それぞれに合わせた施術を提案し、一緒になって治療に取り組んでいきたいと思っています。

せんげん台の整体ぽんて鍼灸整骨院にお任せください

ぎっくり腰の治療に

ぎっくり腰による痛みや後遺症を我慢しながらの生活ってつらいですよね。今のままだと今後の生活も不安に思っている方もいるのではないでしょうか。

私たちはそういう患者さんを多く見てきました。

早期施術、早期回復でぎっくり腰の痛みを取り除くとともに、ぎっくり腰の再発予防と、また、ぎっくり腰を繰り返してしまう方も、手を取り合って一緒に治療していきましょう。

ぎっくり腰の治療の相談はこちらまで
ぽんてカイロプラクティックオフィス</br>ぽんて鍼灸整骨院

ぽんてカイロプラクティックオフィス
ぽんて鍼灸整骨院

電話番号
048-972-5931
所在地
〒343-0042
埼玉県越谷市千間台東1-7-13
マルヤ住宅千間台ビル5F
受付時間
平日
09:30~13:00
16:00~19:30
土日祝日
09:30~18:00
定休日
年末年始、その他は不定休

せんげん台整体の幅広い施術メニューを提供しているぽんてカイロプラクティックオフィスは、地域密着の丁寧で素早い対応に定評があります。肩こりや腰痛、頭痛といった辛い症状に悩まされながらも、「なかなか良くならないためあきらめている」という方が多いかもしれませんが、これまでに多くの方と向き合い、あらゆる症状を改善へと導くために徹底的にサポートしてきた実績を持つ施術者が期待にお応えいたします。
鍼灸師や柔道整復師といった国家資格を持っているため、捻挫や挫傷等のケガに対する一般的な施術と組み合わせたプランニングも可能で、かかりつけの医師による指示や同意に基づいて外出困難な方への訪問鍼灸マッサージも行うことができます。むち打ち症や頭痛といった交通事故の後遺症に対するサポート実績も豊富ですので、せんげん台エリアで整体に関心をお持ちの方はぜひお越しください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。